公式Blog

歯ぎしり・噛み締めによる顎の不調でお困りならTLCボディケア西新宿

2022.01.26

皆さんこんにちは。
本日は顎の噛み締め・食いしばり・えらが張る、そんなお悩みをお持ちの方必見の記事となっております。
えらが張る1番の原因は噛み締め・食いしばりにより、咬筋という噛む筋肉が硬くなり、量が増えてしまっている事が殆どです。簡単に言うと顎に力こぶが付いているような状態です。

ブログ画像
その噛み締め・食いしばりには様々な原因があると言われています。
皆さんは、ご自身の食いしばりについて自覚があるでしょうか?
勿論、食いしばりを自覚している方もいらっしゃいますが、ほとんどが無意識で食いしばっている方なのではないでしょうか。
無意識の方は、まず自分がどのタイミングで食いしばっているか?原因は何か?を見つけて行く事が、改善の第一歩になります。
それでは噛み締め・食いしばりの原因の原因を挙げていきましょう。

1硬い食べ物をよく食べる (咀嚼のし過ぎ)
硬い食べ物をよく好んで食べる方は、咬筋が発達します。硬いものを咀嚼するたびに咬筋の筋トレをしているのです。必要以上に咀嚼してしまうとそれも食いしばりと変わりません。
硬い物の食べ過ぎはえら張りの原因となりますので、心当たりがある方は一度見直してみて下さい。

2姿勢(猫背)や肩・首のこりから来る噛み締め・食いしばり
猫背になると、背中、肩、首などに負担が多くかかります。その箇所の筋肉が硬くなってしまうと、自然と力は入りやすく、抜けにくい状態になります。特に顎を引いている時などは咀嚼しやすく、上げている時は咀嚼しにくいと言った様に肩・首の筋肉や姿勢はかなり多くの方の食いしばりに関わっています!

3.寝ている時の無意識の噛みしめ・食いしばり・歯ぎしり
起きた時に顎が疲れている方は、睡眠時に噛み締め・食いしばり、そして歯ぎしりをしているかもしれません。寝ている時なので一番自覚しづらいタイミングですが、睡眠時間が短かい、睡眠が浅い、自律神経が乱れている方に多くいらっしゃいます。

この様に噛み締め・食いしばりの原因は1つではありません。
自分はどのタイプなのかをしっかり見極め、適切なケアをしていきたいですね。
TLCボディケアでは、頑固な噛み締めによるエラの筋肉の硬さを取り、すっきりと改善させていくメニューがございます。


噛み締め・食いしばりでお困りの方はお気軽にご相談ください。

 

マッサージ+小顔矯正

45分 5500円

公式Blog一覧へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TLC整体&ボディケア西新宿

TLC整体&ボディケア西新宿